布団セット

布団セットお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

布団セット

このページは「寝室の照明の選び方 」の情報コンテンツです。
布団セット > 寝室の照明の選び方

豆知識

寝室の照明の選び方

実は寝室は照明を工夫するだけで、雰囲気が大きく変わります。寝室というのは、安らぎの場でなくてはなりません。リラックスでき、落ち着ける雰囲気が大事です。とくに寝つきが悪いな・・・と思う方は、照明の工夫次第で大きく改善することもあります。ここではそんな照明の工夫の豆知識をご紹介します。

照明

電球の種類を「電球色」にする

電球には大きくわけて3つの種類が存在しています。1つは「白色」もう1つは「昼白色」そして「電球色」の3つがあります。

寝室の照明例

白色はその名前の通り、白くクールな色をしています。昼白色はより白く、よくオフィスや学校で使用されています。一方「電球色」は、オレンジ色のような太陽のような色をしています。この電球色は、暖色ですのでリラックス効果のあるカラーなのです。したがって寝室にはこの電球色を使うのが一番良いでしょう。ちなみにこの色合いの照明は、食欲も増進してくれる色ですのでダイニングルームやリビングにもお勧めです。

寝室の照明は間接照明が望ましい

間接照明というのは、光が直接目に入らないよう、一旦壁や布で覆いかぶして反射光で柔らかな光を作り上げる照明のことを言います。人が睡眠に入る際、強い光は眠気を奪ってしまうこともあります照明をつけたまま寝る人は、とくに間接照明にして、直接目に光が入らないよう、セットしておくことをお勧めします。睡眠の際は、脳を確実に休めるためにも、本当は真っ暗にするほうがベターです。

光の強さを調節できる調光タイプの照明がお勧め

よくホテルのベッドには、ダイヤルをひねることで光の調節ができる照明が置いてあると思います。 こういった調光ができる照明だと、自分好みの光で寝室を演出することができます。ダブルベッド以上の場合、ベッドの左右に置くことで、お互いのペースで就寝することができます。1つの照明だと、どうしても消す消さないのストレスがたまってしまいがち。こういった照明で工夫するとより快適な寝室になりますね。

ろうそくやアロマキャンドルは火事に注意してください

寝る前にアロマキャンドルを焚いてしまう人は要注意です。火事を起こしやすいので、電気タイプのアロマを使用するのが望ましいです。ろうそくの火じゃないと眠れない・・・という人は、最近ではろうそくの火のようにチラチラとやさしく灯ってくれるライトが販売されていますので、そういったアイテムを使うと役立ちます。

布団セット 激安通販