布団セット

布団セットお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

布団セット

このページは「布団とベッドの掃除方法 」の情報コンテンツです。
布団セット > 布団とベッドの掃除方法

豆知識

布団とベッドの掃除方法とは

敷布団や掛け布団は重みもあり、かさばるのでなかなか掃除しにくいものです。しかし普段から清潔を心がけておくと、メンテナンスも楽になるものです。ここでは普段から布団をどう扱えばより清潔さを保っていられるかを説明していきます。

寝具を綺麗にする

布団に入る際には、必ず寝巻を着用すること

人は寝ている間にも汗や老廃物を出します。したがって寝巻を着用していないと、素肌からシーツに汚れが移ってしまうのです。寝巻は1日おきに洗濯すると思いますが、シーツはなかなかそうはいきません。ですので、きちんと寝巻を着ておくことが大事なのです。シーツの上に簡単に装着できる敷きパッドを敷いておくと、取り外しも洗濯も楽なので、もし寝巻を着用するのが好きではない場合、そういった布団を活用すると良いでしょう。

お風呂に入ってから布団に入ること

お風呂で垢を落としてから布団に入るようにするだけで、シーツや枕カバーをより清潔に保つことができます。フローリングや畳での敷布団の場合、よく布団を踏んでしまう事があると思いますが、お風呂に入ってない段階で踏み入れるのは避けましょう。

布団を洗う際、酵素入りの洗剤か天日干しでよく乾かすこと

布団は分厚かったり面積が大きかったりするので、なかなか乾きにくいといった欠点があります。せっかく選択してもうまく乾かせないと、雑菌がついて生乾きの嫌なニオイに染まってしまいます。雑菌を無くすには「酵素入り」の洗剤がお勧めです。酵素は雑菌を消し去る効果があり、洗剤の種類によっては部屋干ししても臭わないものもあります。しかしここで注意しておきたいのは、洗濯物を干す際、必ず手を洗ってから干すようにしてください。一般的に、手には雑菌が多く付着しています。せっかく除菌しても手の雑菌が干す際に付いてしまったら台なしです。また、完全に殺菌したい場合、天日干しや乾燥機にかけてあげるとしっかり清潔に仕上がります。

マットレス等のベッドは定期的に除菌スプレーかスチームモップを。

ベッドのマットレスは非常に大きく重いものなので、なかなか天日干しもできないと思います。そういった場合には市販の布用除菌スプレー(リセッシュ等)を用いると良いでしょう。掃除機で表面を掃除したり、場合のよってはスチームを使って除菌するのもお勧めです。スチームはアイロンだけでなく最近ではスチームモップといった家電も販売されているので、うまく活用してみましょう。

綺麗なベッド

洋室(土足で過ごすタイプの家)の場合、フットカバーを

日本は靴を脱ぐ習慣がありますが、海外では土足で過ごす文化もあります。そういう場合、靴でベッドを汚さないよう フットカバーをベッドにかけて置くと良いでしょう。よくホテルではそういうカバーが掛けてあるので 参考になります。

梅雨や冬の寒い時期に布団を洗濯したらなかなか、乾かないんですよね。そういうときには布団乾燥機をぜひ活用してみましょう!この布団乾燥機は乾かすだけでなく、冬は布団を保温してくれるので便利なんです。

布団セット 激安通販